大田区手をつなぐ育成会

会の紹介

会長挨拶

大田区手をつなぐ育成会は、1956年に当時の促進学級(現在の特別支援学級)の先生方と保護者とで知的障害のある人たちの教育・福祉の向上を願い、設立した親の会です。
福祉の充実を願い、知的障害児者の理解促進、行政・福祉関係機関への協力のほか、会員の研修、相談、親睦のための活動をおこなっています。
仲間とぜひ一緒に活動してみませんか。

沿革

主な年間活動

1.総会・役員会・幹部役員会
2.要望書および陳情書等提出(行政・区議会、および関係諸機関)
3.会報誌発行「しずく」年2回「しずくかわら版」随時
4.ホームページの管理
5.大田みまもりあんしんパートナーズ(MAPS OTA)の活動
6.大田区行政との懇親会
7.チャリティーバザー開催
8.心のとも鉛筆販売
9.理解促進活動(心のバリアフリーすすめ隊)
10.バスハイク年2回
11.ボウリング大会
12.北海道物産品販売
13.施設見学
14.講演会・勉強会
15.新年顔合わせ会